呼吸を掴むための学習

呼吸・整体で学習するのは、調整・統合・統制という3つの概念を中心した考え方と手法です。

 

調整

身体調整、主として身体内部に生じる「力」の方向性や呼吸力を挙げるための学習です。導引(体操)・呼吸導引(呼吸動作)・呼吸法の3つから成る自己調整法・セルフケアの領域です。

 

統合

身体との対話。刺激や特殊ワークを使って、自分自身の生体として発する様々なシグナルを精密に捉える学習です。自分を知る、という作業の中核となります。

 

統制

日常生活における、心身の調和の質を高めるための学習です。日常という漠然とした存在をテクニカルに捉え、実践する術を身につけます。

 

調整

導引(体操)

肩甲骨の調整、骨盤転がし、上肢促通法、下肢促通法、脊椎調整など。

 

呼吸導引(呼吸動作)

腹部疎通法、下肢-体幹の連動回復、頚肩腕の解放

 

呼吸法

深呼吸法、呼吸を開く、合掌呼吸法、うずくまり呼吸法、胃の調整呼吸法、丹田呼吸法、腹式呼吸法等。

 

統合

陰性刺激(呼吸を落とす、息(圧)を抜く)

陰性刺激という刺激を起こすことによって、頭スイッチから体感覚スイッチへと自然に切り替わり、呼吸が整いやすい身体に変化します。頭で考えずに身体で感じる、という事を能動的におこなうのではなく、刺激によって誰でも自然にできるように促すものです。

 

統合ワーク

微細な身体動作によって、体感覚を飛躍的に高めるワークです。頭で考える身体と、身体で考える身体との違いが明確になり、身体との対話の精度が上がります。

 

身体との対話

身体から発するシグナルを的確に捉えるワーク。気分や感情と身体の声を聞き分ける実践ワークです。

 

統制

呼吸のニュートラル

自分の呼吸、呼吸のニュートラルという概念を学び、日常の質(在り方)をいかに変えていくのか?という呼吸・整体の根幹をテクニカルに追求していきます。

 

コーチ・アジャストスキル

との関わりを学ぶ事によってより深い呼吸の理解と人に伝える事が可能になります。
調整・統合・統制のアジャスト(誘導)スキル(自分の呼吸の設定の仕方、触れ方、言葉、質問、空間、勢、など人に正確に伝えるために必要な全てを学びます。)